ウイイレ2021とパワプロ中心の超ゲーム攻略ブログCHRONOGAMES(クロノゲームズ)【マイクラブSIM &マスターリーグ監督モード】

ウイニングイレブン2021とウイイレモバイル、パワプロ中心のゲーム攻略ブログ。myClub(マイクラブ)のクランマッチ(SIM)とマスターリーグの監督モードで使えるフォーメーションや戦術、監督情報を紹介。新作情報も随時追っていきます。

ウイイレ戦術攻略|0トップやオランダ式など『3種類の3トップ』を使い分けよう!【マイクラブsim/マスターリーグ監督モード】

▽【随時更新】最新作ウイイレ2021情報まとめ▽ eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE

 

f:id:chrono0520:20151102050330p:plain

 

ウイニングイレブンの3トップは大きく分けて3つの種類があります。

今回はそれぞれの3トップの特性相性の良い戦術についてご説明していきたいと思います。

※最新作のウイイレ2020-2021向けにリライトしました

ウイイレ戦術攻略|0トップやオランダ式など『3種類の3トップ』を使い分けよう!【マイクラブsim/マスターリーグ監督モード】

 

2WGー1CF(オーソドックスなオランダスタイル)

f:id:chrono0520:20151102053229p:plain

センターフォワードが1枚、そのサイドにウインガーを2枚並べた1番オーソドックな3トップ。この3トップは昔からオランダのチームで多く使われてきたシステムで、サイドのウイングがワイドに幅を作り、センターフォワードの得点力を生かす3トップのシステムです。

 

そのため、センターフォワードは長身のフィジカルが強い選手、サイドのウイングは足が速い縦に抜けられる選手で、個人技のうまい選手が理想。先ほども書きましたが、昔からオランダのチームで採用されることが多く、サイドのウイングは右サイドは右利き、左サイドは左利きの選手を置くことが基本です。カットインは狙わず、とにかく縦に抜けて利き足でクロスを上げるというシンプルな戦術です。

 

センターフォワード(CF)

おすすめ能力
  • 決定力
  • ヘディング
  • フィジカル
おすすめスキル
  • ヘッダー
  • ライジングシュート

 

ウインガー(LWG・RWG)

おすすめ能力
  • 瞬発力
  • フライパス精度
  • ドリブル精度

 

おすすめスキル
  • ピンポイントクロス
  • 低弾道ロブ
  • スルーパス

 

相性の良い戦術

  • フォーメーション重視
  • ロングカウンター
  • サイド攻撃

 

相性の良いコンセプトアレンジ

  • クロスポジショニング
  • サイドローテーション
  • ワイドポジショニング

 

2STー1CF(MSN時代のバルサ式)

f:id:chrono0520:20151102053228p:plain

ポゼッションサッカー全盛期となった近年、近い距離でのプレイを目的とした戦術として使われるのが多いのがこの3トップ。WGがオランダ式の3トップに比べると内側に位置している特徴があります。

 

CFは相手のディフェンスラインを下げるようなポストプレイを大事にし、STは割と自由に動いてボールを引き出しながらCFを追い越したり、カットインなどでゴールを狙っていきます。

 

センターフォワード(CF)

おすすめ能力
  • フィジカルコンタクト
  • ボールコントロール
  • グラウンダーパス精度

 

おすすめスキル
  • スルーパス
  • ヘッダー

 

シャドー(ST)

おすすめ能力
  • 瞬発力
  • ドリブル精度
  • ボールコントロール

 

おすすめスキル
  • スルーパス
  • ダブルタッチ
  • コントロールカーブ

 

相性の良い戦術

  • 流動的
  • ポゼッション
  • 中央突破

 

相性の良いコンセプトアレンジ

  • 両サイドバックの攻撃参加
  • ティキタカ
  • クロスポジショニング

 

3ST(ペップ時代バルサの0トップ)

f:id:chrono0520:20151102053226p:plain

 グラルディオラ時代のバルセロナが使用していた3トップです。

 

 メッシを真ん中のシャドーとして配置し、真ん中のシャドーがトップ下の役割も兼ねたフォーメーションで、中盤の選手とともにパスの組み立てを行い、ボールポゼッション(ボール保持率)を高めます。

 

そして、サイドのSTが相手のラインを下げる役割も担う必要があるため、真ん中のSTに比べて少し前に配置することがポイント。

 

ポゼッションを重視したフォーメーションですが、距離感が近い3人のシャドーストライカーを並べているので、高い位置でカットしたボールをワンツーで縦に速いショートカウンターも可能です。 

 

また、最近ならマネ・フェルミーノ・サラーの強力3トップを形成しているリヴァプールFCがロバートソンとアレクサンダーアーノルドを高い位置に上げて、3トップは内側に入るというシステムを利用しています。

 

その際、フェルミーノが偽9番のように動き、時折トップ下までボールを受けに戻ります。その間にマネとサラーはフェルミーノが下がって空いたスペースへ斜めに侵入し、裏でボールを受けられるようにチャンスメイクを行うというシステムです。

 

この強力システムで2018-2019シーズンは悲願のヨーロッパチャンピオンズリーグを制覇。そして、今年の2019-2020シーズンには実に30年振りのプレミアリーグ制覇を果たしました。

 

この3トップはペップバルサの幅を使うためのゼロトップとは違う形のゼロトップですね。

 

シャドー(ST)

おすすめ能力
  • ボールコントロール
  • グラウンダーパス精度
  • ドリブル精度

 

おすすめスキル
  • ダブルタッチ
  • スルーパス
  • コントロールカーブ

 

相性の良い戦術

  • 流動的
  • ポゼッション/ショートカウンター
  • 中央突破/サイド突破

 

相性の良いコンセプトアレンジ

  • ティキタカ
  • 両サイドバックの攻撃参加
  • 偽9番

 

最後に

今回は基本的な3種類の3トップについて紹介させていただきました。

ここから1ST2WGの戦術などもあるのですが、こちらは特殊なスリートップなのでまた別の機会にご紹介できたらと思います。

 

今後もウイニングイレブンシリーズ共通で使えそうな戦術記事を増やしていくので、今後とも当ブログをよろしくお願い致します!