DELPINWORLD|とあるゲームディレクターのゲームとサッカー中心の雑記ブログ

ゲームはeFootball、サッカーは川崎フロンターレを中心としたゲームクリエイターによる雑記ブログ。イーフトはチームスタイル「ポゼッション」中心で攻略記事多数!

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
川崎フロンターレ記事はこちら
eFootball記事はこちら
ゲーム企画の記事はこちら
サッカー日本代表の記事はこちら


川崎フロンターレ|ACLは16強で無念の敗退もリーグ開幕へ順調な兆し!あの新戦力たちに期待!

2024年5月9日(木)まで!
浦和レッズ2006エピック小野伸二
がもらえる特典コード付き!

 

川崎フロンターレ、ACLはベスト16で敗退。序盤の2失点が尾を引く形になってしまいましたね。しかし、下を向いている暇はありません!週末はついにJリーグ開幕!王座奪還を目指し、今年の補強は当たっていると思いますので、ACLの試合を振り返りながら色々話をします。

 

川崎フロンターレ|ACLは16強で無念の敗退もリーグ開幕へ順調な兆し!あの新戦力たちに期待!

 

光るプレーが目立つ!三浦・山本・エリソンに超期待!

新戦力の3人、三浦颯太・山本悠樹・エリソンの活躍は目を見張るものがありましたね。三浦は突破力はもちろん、インナーラップなど多彩な攻撃が目立ちました。守備も安定していて、元旦の日本代表に呼ばれた理由がとても良くわかります。

 

山本は脇坂とともにインサイドハーフとして出場しましたが、ポジショニングの良さが際立ちましたね。おかげでマルシーニョが活きる場面がとても多かったです。守備もサボらず、強度がとても高いのでその点もとても良かったです。技術力は前評判どおりで高いパス精度を武器に何個もチャンスを作ってくれました。

 

エリソンは巷でも言われているように、元ブラジル代表のフッキを彷彿とさせるようなプレーを見せたかと思えば、昨シーズンまで在籍したレアンドロ・ダミアンのような守備への積極性を見せてくれて、いいとこ取りの選手だな〜と感じています。技術も高く、序盤から得点をすることができれば、20得点も可能なのでは?と思ってしまいました。若いですし、とても期待しています!

 

最後に立ちはだかるチョン・ソンリョンの凄み

結果として、4失点してしまいましたが、ソンリョンのミスだというプレーはありませんでした。逆にもう2、3点取られてもおかしくない展開だったと思います。

 

こうやってみると、やはりチョン・ソンリョンの壁は大きく厚いのだな・・・と思いました。早川とか若手選手の奮起も期待したかったですが、上福元も控えていますし、まだまだ難しいなと感じてしまいました。

 

いや〜本当にソンリョンはすごい!

 

安定感のある丸山に谷口の影を感じる

元日本代表という実績もある丸山選手。そのプレーはかつてのキャプテン谷口彰悟を彷彿とさせるようでした。とはいえ、神戸との試合から中二日でまた先発フル出場はJリーグ開幕前の調整中の段階としてはきついな〜と思いましたね。

 

丸山に頼らざる終えない事情があったのでしょうか。CBのスタメン争いはまだまだ起こりそうですが、丸山が中心となるのかなと感じました。

 

2失点目の家長は正直に良くなかった

2失点目、橘田選手が不用意に突っ込んでしまったという選択ミスもありましたが、それ以上に家長の戻り走りをやめたところは良くなかったなと思いました。

 

あそこでしっかりと戻れていれば、2失点目は防げたかもしれません。

 

キープ力があり、チームに溜めを作れる存在ではあるのですが、こういうところをサボってしまうのはいただけないなあと感じています。

 

年齢のこともありますし、先発は山田新などに任せて、後半等で流れを変えたり落ち着かせたりする存在として出場する形もありかなと思ってしまいました。

 

永長をレンタルで出したけど、トップで育てる方法もあったのでは?と思う。

 

攻撃の形は良かった頃の川崎を表現できていた!

とか色々と批判も書きましたが、攻撃に関しては良い準備ができてきたなと感じています。流れるようなパス回しが見えましたし、その流れで点につながるところもありました。

 

良いときの川崎の攻撃が見れた気がします。さらに、最初に書いた通りに若手の新戦力がいい感じですし、ゴミスのコンディションも上がってきているように見えました。失点はそこまで減らないかもしれませんが、得点はかなり増える一年になるのではないかと思います。

 

今年のWinnerでは4点以上勝利を入れると当たる日が多くなるかも?しれませんよ!