ウイイレ2020とパワプロ中心の超ゲーム攻略ブログCHRONOGAMES(クロノゲームズ)【マイクラブSIM &マスターリーグ監督モード|ウイイレ2021準備中】

ウイイレとウイイレモバイル、パワプロ中心のゲーム攻略ブログ。myClub(マイクラブ)のクランマッチ(SIM)とマスターリーグの監督モードで使えるフォーメーションや戦術、監督情報を紹介。新作ウイイレ2021攻略準備中!

効率よく勝利でGPゲット!省エネ×強力スリートップで大胆SIM攻略!|ウイイレ2020戦術

▽【随時更新】最新作ウイイレ2021情報まとめ▽ eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE

f:id:chrono0520:20200510221618p:plain

 

お久しぶりです。これからまた土日どちらかに1記事投稿する形式で新しい記事の毎週更新を再開していこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします!

 

今回は、3CFのクロップ監督を使用して、SIM試合でGPが稼げるフォーメーションと戦術をご紹介します。なかなかSIM試合で勝てない人は一回試してみてください!

ウイイレ2020戦術|省エネ×強力スリートップで大胆SIM攻略!【効率よく勝利でGPゲット!】

 

 

こちらの記事もおすすめwww.winningeleven-myclub.jp

 

今回のフォーメーション設定

f:id:chrono0520:20200510224213p:plain

監督

クロップ(3枚CF型の4-3-3)

各ポジションの配置方法

今回は、レーティング★4を狙うために全体のコストを2799以内に抑える必要があります。そして、CFの三人だけ総合力90オーバーのチームの中で能力が高い選手を配置してください。他の選手は総合値80前後の選手で固めます。詳細は個々のポジション説明でご説明します。

 

FW:左CF

役割は、チームのエースストライカー。

ここに一番得点能力のある選手を配置してください。

競り合うこともあるので、身長もある程度持っている選手が好ましいです。

おすすめ選手

  • クリスティアーノ ロナウド
  • レヴァンドフスキ
  • ジエゴ コスタ

 

FW:真ん中CF

後ほど説明しますが、偽9番として動いてもらうので、チームの役割としてはチャンスメイカーの役割。一列下がってから2枚のフォワードにスルーパスを供給したり、自分でシュートをしたりすることを期待します。

 

持っておいてほしいスキルは「スルーパス」です。純粋なフォワードよりもCF適正のあるフォワードの選手を配置するとうまくいく場合も多いです。色々試してみてください!

 

おすすめ選手

  • ロベルト フェルミーノ
  • デレ アリ

 

FW:右CF

ここのポジションには、チームの中で心臓になるような選手を配置します。

コンセプトアレンジ「カウンターターゲット」を使用し、守備も免除させます。

配置する選手はテクニカルな左利きな選手が好ましいです。

 

おすすめ選手

  • リオネル メッシ
  • アントワーヌ グリーズマン

 

MF:左CMF

ここには決定的なパスを出せるプレースタイル「プレーメーカー」の選手を配置します。総合力は80前後の選手を配置してください。

 

MF:右CMF

ここには寄せる守備で貢献できるようにプレースタイル「ハードプレス」の選手を配置します。できたらディフェンス能力が高い選手が好ましく、その理由は中盤でカットする確率が上がるからです。総合力は80前後の選手を配置してください。

 

MF:DMF

ここには守備を安定させるためにプレースタイル「アンカー」の選手を配置してください。そして、CMF同様に総合力は80前後の選手を配置してください。

 

DF:LSB&RSB

特に指定はありませんが、スタミナが高い選手だと後半まで戦えるので良いです。総合力は80前後の選手を配置してください。

 

DF:CB

総合力80前後の選手で、できたらスキル「低弾道ロブ」を持っているセンターバックが好ましいです。また、プレースタイルは「ビルドアップ」の選手であることが必須です。

 

GK

フライパス精度が高ければ高いほど良いでしょう。スキル「低弾道パントキック」は必須です。こちらも総合力は80前後の選手を配置してください。

 

コンセプトアレンジ

攻撃のコンセプトアレンジ

偽9番
クロスポジショニング

守備のコンセプトアレンジ

カウンターターゲット

右CFに設定してください

スルーパス警戒

 

最後に

今回は省エネでGPを稼げるフォーメーションをご紹介しました。

レーティング★4にすると、相手も同列のレーティングのチームが当たるようになるので、前線の攻撃力を生かすことができるようになります。しかし、その分失点も増える可能性もあるので、ぜひともバランスを見ながら設定してみてください!