ウイイレとパワプロ中心のゲーム攻略サイト:CHRONOGAMES-マイクラブSIM・マスターリーグ監督モードで戦術・フォーメーションを極めよう!-

ウイニングイレブン2020(ウイイレ2020)中心の攻略ブログです。主にmyClub(マイクラブ)のsimモードとマスターリーグの監督モードに関して、フォーメーションや戦術、監督情報中心に紹介しています。ウイイレのほかにはパワプロ、プロスピ情報もご紹介しています。

MENU

ウイイレ2019戦術講座|ボール支配率(ポゼッション)があがらない・ボールが奪えないときはハードプレスを活用しよう!【マイクラブSIM攻略】

f:id:chrono0520:20190425090449p:image

今週は、人気プレースタイルのハードプレスについてご紹介します。

中盤の選手のプレースタイルの中でも、一番人気があるハードプレスですが、SIMだとうまく使わないと性質を逆に取られて、ピンチを招いてしまうこともあります。

今回は、そんなハードプレスの使いどころや起用方法をご紹介します。

 

ハードプレスとは?

ハードプレスとは、選手のプレースタイルのひとつです。ハードプレスを所持している選手は、自動的にプレスを発動され、相手に強いプレッシャーを与えることができます。

 

ハードプレスは大人気!

ハードプレスは、ウイイレの中でも人気が高いプレースタイルです。スカウトの購入GP数を見ても、20万GPかかっていたりすることもあるようです。

理由は、チェルシー所属のエンゴロ・カンテ選手を獲得するために手に入れようとする人が多いようです。

過去に、エンゴロ・カンテ選手の確定スカウトを紹介したので、その方法ならば、安価で手に入ると思うのでおススメです。

https://www.winningeleven-myclub.jp/entry/2018/11/20/ウイイレ2019|MFエンゴロ・カンテ%EF%BC%8Fフランス【myClub黒

 

ボール支配率が上がらないときに有効な理由

さて、次はタイトルにも入っているボール支配率が上がらないときになぜハードプレスの選手を配置するのかご紹介します。

ボール支配率こと、ボールポゼッションが上がらない理由は、相手からボールが奪えていないからです。

ボール支配率が高いイメージというと、テクニックやドリブル・パスの精度に目が行きがちになりますが、実は一番大事なのが相手からボールを奪うことで、素早く自分たちの攻撃に戻れるのかがキーポイントです。

ボールポゼッションを高めるために、テクニックやパス、ドリブルに優れた選手たちを配置しても、ディフェンス能力が低ければ相手からボールを奪うことは簡単ではありません。

そこで、ハードプレスを所持している選手を入れて素早くボールを奪えるようにすると、攻撃にも転じやすいので、とても有効なのです。

 

ボールが奪えないときに有効

これは当たり前ですね。ハードプレスは、ボールを相手から奪うためのプレースタイルです。

相手の攻撃の根を絶やすと言ったほうがイメージが近いかもしれません。

 

ハードプレスの選手で注意すること

ハードプレスの選手を配置する際、フォーメーションのバランスが崩れやすくなります。

なぜなら、ボールを狩るために前へ積極的にプレスを行うので、他のプレースタイルのMFに比べて移動するエリアが広いからです。

せっかくプレスをかけたのに、それのせいで空いたスペースでチャンスを作られると元と子もないので、選手配置する際は、トップ下に近い位置に配置したりして、バランスに融通が利くように配置してください。

 

最後に

今回は、プレースタイルのひとつ、ハードプレスの使い方をご紹介しました。

来週もよろしくお願いします。