ウイイレとパワプロ中心のゲーム攻略サイト:CHRONOGAMES-マイクラブSIM・マスターリーグ監督モードで戦術・フォーメーションを極めよう!-

ウイニングイレブン2020(ウイイレ2020)中心の攻略ブログです。主にmyClub(マイクラブ)のsimモードとマスターリーグの監督モードに関して、フォーメーションや戦術、監督情報中心に紹介しています。ウイイレのほかにはパワプロ、プロスピ情報もご紹介しています。

MENU

使える!おすすめフォーメーション5選|ウイニングイレブン2020攻略情報

 

f:id:chrono0520:20190903012930j:plain

ウイニングイレブン2020発売まで1か月を切りました。

そこで、今回はウイイレ2020準備として、おすすめのフォーメーションを5つほどご紹介したいと思います。

ぜひとも、参考としていただけたら幸いです。

 

おすすめフォーメーション①:4-2-3-1

f:id:chrono0520:20190902020045j:plain

サッカーの4-2-3-1

現代のサッカーでよく使われるフォーメーションの一つです。

中盤に5人のミッドフィルダーを配置し、さらにディフェンダーも4枚配置することで、時折、サイドバックを押し上げながらさらに中盤を厚くすることでボールポゼッションを上げやすいフォーメーションです。

その反面、1トップのフォワードへの負担は大きく、ポストプレイと決定力が必要です。マイクラブで、最初にこのフォーメーションで始める場合は、まずは体格を優先して、基本的に背が大きめの選手を選ぶのが良いでしょう。

ウイイレでの4-2-3-1

ここからは、ウイイレのsimモードでの話としては、このフォーメーションをうまく使うのは結構難しいです。

理由は、OMFの配置が難しいところにあります。

ふつうのサッカーと違って、ウイイレは試合の時間が短いので、ボールを回しすぎるよりも、シュートにどのように持っていくかが大事になるのですが、OMFとCFの位置を縦の関係にすると攻撃が鈍化することが多いです。

なので、ウイイレで使うときは1トップのCFとOMFを斜めに配置することがおすすめです。

おすすめフォーメーション②:4-3-3

f:id:chrono0520:20190902020023j:plain

サッカーの4-3-3

FCバルセロナなど、ヨーロッパの強豪チームでもよく使用されるフォーメーションです。バルセロナといえば、ティキ・タカという味方同士の距離感を近くし、ショートパスをつないでボールポゼッションを高くする戦術で有名なのですが、4-3-3というフォーメーションは基本的にはカウンターが有効です。

理由は、フォワードがまず3枚と多く配置していること、中盤が3枚のみでふつうのチームならばDFからフォワードへ大きく蹴りだしたり、ウイングと裏を駆け上がるサイドバックの2人でサイドを突破し、クロスを上げて、センターフォワードがズドン!と決めるのがよくある先方ですね。

ウイイレの4-3-3

ウイイレの4-3-3も基本的には同じで、カウンターが基本戦術になります。

もし、バルセロナみたいにパス回しをしたい場合は、グアルディオラ時代のフォーメーションみたいに、CFをSTとし、両WGよりも低い位置に下げ、中盤3人とSTでダイヤモンドの形を結成することで支配率を高めるのが良いと思います。

そうすることで、常に2方向へのパスコースを確保するための三角形の形を多く作ることができるので、おすすめです。

ただ、基本的にはカウンター戦術で、3枚のMFは技巧派よりも守備力を重視したほうが良いと思います。

 

派生として、トップ下を置いた4-2-1-3というフォーメーションもあります。

4-2-1-3

f:id:chrono0520:20190902020057j:plain

4‐2‐3‐1にも近く、サイドハーフの位置の選手がウイングの選手となり、守備に戻らなくなることが一つの特徴です。

4-3-3に比べるとボランチが2枚なので、少し守備の負担が大きくなります。

ただ、OMFを含めて前4枚、後ろ6枚ではっきりと攻守に分かれることもできるので、良い点もあります。

 

おすすめフォーメーション③:4-3-1-2

f:id:chrono0520:20190902020106j:plain

サッカーの4‐3‐1‐2

2000年代前半のACミランが使用していたフォーメーションとして有名な4‐3‐1‐2です。

アンカーの位置に司令塔のピルロが深くからチャンスメイクをして、サイドCMFに運動量が豊富なガットゥーゾとセードルフを配置して、ピルロをサポートするというフォーメーションでした。その前のトップ下にはカカやルイ・コスタが君臨していましたね。

ただ、基本的にはディフェンス4枚、ボランチ3枚の7人で強固な守備陣営を形成するのでとても守備的なフォーメーションといえるでしょう。

ポゼッションサッカーというよりも大きくボールを蹴りだして、前の三人で試合を決めてもらえるとよいでしょう。

 

ウイイレの4‐3‐1‐2

やりたいことの理想としては、ACミランのような戦い方ですが、ピルロのようなチャンスメイクができるようにフォーメーションや戦術を調整することはかなり難しいです。なので、基本的にはアンカーはディフェンス力の高い選手を配置するのが良いでしょう。

チャンスメイクをする選手はサイドのCMFに配置するとよいと思います。

または、OMFをCMFに変更してチャンスメーカーを配置するのも手ですね。

 

おすすめフォーメーション④:4-4-2

f:id:chrono0520:20190903003031j:plain

サッカーの4‐2‐2

最近はそうでもないですが、かつてはイングランドのテンプレフォーメーションでした。

フォワードからディフェンダーまでを狭く配置することで、仲間の間の距離を小さくして、もしボールを奪われてもすぐに取り返せるようなフォーメーションが一般的です。

最近だと、ドルトムントやアトレティコマドリードがこのフォーメーションで結果を残しています。

ウイイレの4‐2‐2

はっきり言って、一番おすすめのフォーメーションです。

理由は超カウンターフォーメーションが作れるからです!

コンセプトアレンジにゲーゲンプレスなどをつけて、ガンガン前線からプレッシャーをかけてカウンターをしかけましょう。

おそらく、SIMモードや監督モードで一番安定して勝ちやすいフォーメーションではないかと思います。

フォーメーション⑤:3-5-2

f:id:chrono0520:20190903003059p:plain

サッカーの3-5-2

最近、アーセナルがスリーバックを採用する機会が増えましたね。

かつては、トルシエジャパンが3バックを採用し、ワールドカップで初のベスト16に進みました。

サイドハーフは、4バックのサイドハーフに比べると一列下がった位置に配置し、ウイングバックのように守備にも積極的に参加する必要があるでしょう。

ウイングバックということで、とらえ方によっては5‐3‐2と5バックと呼ばれることもあります。

 

ウイイレの3-5-2

かつては、最初の時に使いやすいフォーメーションだったのですが、最近のウイイレではあまり使えない感じですね。。。

理由は、3バックのサイド裏がどうしても抜かれてしまうからです。

ここ2作くらいですが斜めの動きが強化されたので、そのせいかなと考えています。

なので、3バックを使う場合は、先ほどサッカーの方ではウイングバックのように低めに配置せずに高い位置に配置し、なるべくカウンターをするための準備をする必要があります。

そうすることで、守備は補完できていませんが、その代わりに攻撃に枚数をかけて、打ち勝つことを目指しましょう!

 

最後に

今回は、ウイイレ2020の準備として、おすすめフォーメーションを5つご紹介しました!

また、次回もよろしくお願いいたします。