DELPINWORLD|とあるゲームディレクターのゲームとサッカー中心の雑記ブログ

ゲームはeFootball、サッカーは川崎フロンターレを中心としたゲームクリエイターによる雑記ブログ。イーフトはチームスタイル「ポゼッション」中心で攻略記事多数!

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています
川崎フロンターレ記事はこちら
eFootball記事はこちら
ゲーム企画の記事はこちら
サッカー日本代表の記事はこちら


eFootball攻略|チームスタイル「ポゼッション」の2つの弱点【ドリームチーム講座】

2024年5月9日(木)まで!
浦和レッズ2006エピック小野伸二
がもらえる特典コード付き!

 

今回はチームスタイル「ポゼッション」の弱点について語りたいと思います。その理由は弱点を知り、その上で対策を練るため。他の戦術を使っている人はその弱点を突いていきましょう。

 

eFootball攻略|チームスタイル「ポゼッション」の2つの弱点【ドリームチーム講座】

 

ポゼッションの弱点【1】|考える時間を削る速いプレス

 

ポゼッションサッカーはボールの保持を最優先し、その中で全体的に選手を押し上げ厚みのある攻撃を得意とします。

 

ただ前にボールを蹴るだけではないので、考える時間が必要です。時にはキーパーへボールを戻して立て直しを行うこともあります。

 

そんなチームスタイル「ポゼッション」のチームが嫌がる行為というのは高い位置からの「速いプレス」です。

 

実際のサッカーでも見られる戦術なのですが、ポゼッションをしようとする相手に有効なのは考える暇を与えない前線からのアグレッシブなプレスです。

 

いつもポゼッションを使用している人はその身に感じたことはないでしょうか。どんどんプレスをかけられて考える時間を削られ、パスの方向をミスり、カウンターを食らう・・・あのどうしようもなく悔しい失点です・・・。

 

もし、相手が速いプレスを使ってきたら「逆サイド」を意識するようにしましょう。

R2+◯ボタン(ロングパス)で速いサイドチェンジを行いましょう。

 

速いプレスをしてくる相手は片方のサイドに選手が集まってきがちです。そのため、逆サイドにボールを大きく展開することでボールを保持し考える時間を作ることができます。

 

まずは落ち着いて、試合の状況を見るようにしましょう。

 

ポゼッションの弱点【2】|高さのないフォワード

 

2つ目の弱点は高さのないフォワードというところです。チームスタイル「ポゼッション」を愛用していると足元がうまいフォワードを使うようになります。

 

私なんかはCFを置かずにロナウジーニョとメッシをSTにして2トップにしています。そんな感じに高さに強い選手を配置しないようになります。

 

すると、攻め込んでクロスは挙げられるけど得点が取れない。というようなことが起きるようになるんですね。

 

そんな事態を解消し、得点力をアップさせるにはサイドでも繋いで崩し、グランダーパスを通せるようにしましょう。

・スルーパス

・サイド深くまで抉ってグラウンダーパス

・◯×3回で放てるグラウンダークロス

を多様するようにしましょう。

 

普通のクロスを上げる際は、サイド深くまでは入らず、PAのサイドに侵入した辺りで

R2+◯の強クロスを放り込みましょう。通常のクロスよりも高さに関係なく合わせてくれるようになります。

 

ぜひ、ポゼッションの2つの弱点について理解をし、勝率を上げていってくださいね!