ウイイレ2021とパワプロ中心の超ゲーム攻略ブログCHRONOGAMES(クロノゲームズ)【マイクラブSIM &マスターリーグ監督モード】

ウイニングイレブン2021とウイイレモバイル、パワプロ中心のゲーム攻略ブログ。myClub(マイクラブ)のクランマッチ(SIM)とマスターリーグの監督モードで使えるフォーメーションや戦術、監督情報を紹介。新作情報も随時追っていきます。

ウイイレ2021|マイクラブ攻略虎の巻!最初に使用するおすすめはどんな選手?監督の戦術とフォーメーション?

▽【随時更新】最新作ウイイレ2021情報まとめ▽ eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE

f:id:chrono0520:20200914024400j:plain

ウイニングイレブン2021へのシーズンアップデートがついに今週に迫ってきました!

そこで今回はマイクラブのSIMランクマッチやマスターリーグの監督モードプレイで使える、おすすめの選手のタイプ・監督の戦術とフォーメーション設定のポイントをご紹介していきたいと思います。

 

ウイイレ2021|マイクラブ攻略虎の巻!最初に使用するおすすめはどんな選手?監督の戦術とフォーメーション?

 

 マイクラブ(MyClub)とは?

 ウイニングイレブンで一番人気のモードが『マイクラブ』です。『マイクラブ』ではエージェントと呼ばれるガチャやスカウトと呼ばれる無料ガチャで選手、そしてGPという試合をするともらえるゲーム内ポイントで監督を集めて自分だけのチームを作り、他のプレイヤーと競い合います。

 

選手にはプレースタイルやスキルも付いていて、監督には戦術・フォーメーションが設定されており、自由にチーム作りをするのは少し時間がかかります。そこで、今回はマイクラブのスタート段階でおすすめのチーム運用方法をご紹介します。

 

最初に選ぶ選手はフォワードがおすすめ!

最初の方で強い選手を獲得する機会がある場合、フォワードの選手をおすすめします。ウイイレ2021からウイイレを始める人、ウイイレ2020をやってなくてウイイレ2021で復帰する人にはユヴェントスのクラブエディションをお勧めします。なぜなら、2019年仕様でFP並の能力をもつアイコニックモーメントのクリスティアーノ・ロナウド が手に入るからです。特に好きなクラブがあるわけでない場合、ユヴェントスのクラブエディションを選びましょう

 

もし、なんの選手も取れなかった場合は、190cm以上の選手でスピードが遅すぎない選手を配置するといいでしょう。やはり、センタリングを決めることやゴールキーパーのパントキックに対する競り合いを制するには身長が高いことが必要だからです。

 

フォワードが決まったら次はGK!大切なのは低弾道パントキック!

フォワードが決まったら次はゴールキーパーです。ゴールキーパーで大切なのは、ロングパスの精度とスキル『低弾道パントキック』を所持していることです。銀レアリティ・金レアリティの選手の中に、ロングパス精度が75以上でスキルを所持している選手が存在しているので、そんな感じの選手を使うといいでしょう。

 

理由は、GKがボールを持ったあとにパスを出す際、精度がよくなり、自分たちのボールにすることが容易くなるからです。SIMのクラブマッチでは自分の腕でパスを出すことはできないので、とても大切なポイントとなります。

 

3バック?4バック?最初は4バック+全員CBがおすすめ!だったのだけど・・・

攻撃・守備の軸が決まったらディフェンスラインの形を決めましょう。最初は3バック・4バックについて選択すると思うのですが、おすすめは4バック+4人ともセンターバックです。

 

4バックに4人のセンターバックにした理由は、守備力の確保です。まだ能力が高い選手たちを所有していない場合、サイドバックを置いても攻撃の活性化にはなかなか繋がりません。しかし、3バックだとスピードが足りなくなったり、高さが足りなくなったりするので4枚の背の高いセンターバックを配置し、守備を強化するという作戦です。サイドの攻め上がらないサイドバックみたいな感じになります。

 

と思っていたのですが、今作から4CBができなくなってました・・・悲しい。

代わりの方法としては、SBにコンセプトアレンジで『ディフェンシブ』をつけることで4CBを再現することは可能ですので、是非お試しください!

 

2トップ?3トップ?1トップ?フォワードの形はどれがいい?

1トップと3トップに関しては、真ん中にふさわしい背の高いフィジカルの強い選手を手に入れるまではおすすめしません。最初は2トップで二人のコンビネーションで点を獲れる形を優先するとよいでしょう。

 

とはいえ、1トップまたは3トップとしたとしてもコンセプトアレンジを偽9番にして、チャンスメイクをさせる形ならば、他の選手が空いたスペースに飛び込んでくれるようになるので良いです。ということで、ここは割と好みで考えて問題はありません。

 

監督は『カウンター』戦術がおすすめ

最初は『カウンター』の戦術を持っている監督をおすすめします。理由は、ポゼッションする必要が最初は全くないからです。初めの方の選手はパス精度も低いので余計にポゼッションにする必要はありません。

 

なので『カウンター』戦術の監督を使用して、奪ったらカウンターをした方がお勧めです!

 

SIMではレーティングは2800未満の★4にする

次はクランマッチ(SIM)のコツになりますが、レーティングを2800未満に抑えておきましょう。理由は、まだ完全なスカッド出ない時に★5の強スカッドとの対戦を避けるためです。★4ギリギリの2700〜2800の間にすれば、ちょうどいい相手と戦うことができます。とてもお勧めなので、ぜひレーティングを調整してください。

 

他、気づいたこと・思ったことがあれば追記していきます。

 

 

サッカー戦術クロニクルゼロ トータルフットボールの源流と未来