ウイイレ2019とパワプロ中心のゲーム攻略サイト:CHRONOGAMES-マイクラブSIM・監督モードで戦術・フォーメーションを極めよう!-

ウイイレのマイクラブのsim攻略やマスターリーグの監督モード攻略とパワプロ攻略ブログ!他にも選手のモンタージュ作成や新作ウイイレ2019の情報を追っていきます!ウイイレクラブマネージャーも対応!アプリ版ウイイレも!

MENU

ウイイレ2019戦術攻略|パスの繋がりが悪い?プレーメーカーを活用しよう!【myClubSIM攻略】

f:id:chrono0520:20181226083558j:image

今週は、プレースタイルのひとつ

プレーメーカー

に関することをご紹介します。

 

プレーメーカーとは?

中盤の低い位置から攻撃の起点になるプレースタイルです。有効のポジションはCMFとDMFのみで、他のポジションで使用しても効果は発動されません。

ウイニングイレブン2019から登場した新しいプレースタイルで、プレーメーカーが付いている選手は多くありません。

総合力が高い選手だと、レアル・マドリードのモドリッチやクロース、日本人だと川崎フロンターレの大島僚太や中村憲剛に付いています。

 

プレーメーカーの効果とは?

プレーメーカーの効果は、中盤に配置することで、チーム全体のパスの回り方が良くなることです。

今までのウイイレの監督モードやSIMモードで、あまり見られなかったような、ボールをわざと遅らせたり、カウンター戦術の中でもサイドにボールを散らしたりと、チームに良いアクセントが加えられます。

コンピュータの動きは、似た動きが多かったので、ガラッとチームにアクセントを加えられるプレーメーカーの存在はありがたいです。

 

プレーメーカーの使い所や弱点とは?

戦術はカウンター、ポゼッション構わず、ボールが回っていないと感じたらプレーメーカーの配置を検討すると良いでしょう。きっと試合をうまく組み立ててくれるはずです。

ただ、良い事ばかりではなくプレーメーカーにも弱点があります。

プレーメーカーは試合に緩急をつけるためにボールをキープすることがあるのですが、キープ力がないプレーメーカーだとボールを失う時が多くなることです。

もし、格上の相手と対戦する場合はそこからカウンターを受けてしまい、命取りになってしまうかもしれません。

そして、プレーメーカーにはディフェンスが高い選手が少ないので、その点も弱点と言えるでしょう。

アンカーやハードプレスの選手と組ませ、リスクを減らしていくと良いと思います。

 

最後に

今回は、簡単にですが、プレーメーカーについてご紹介させていただきました。

記事の内容は、日々バージョンアップさせていきたいと思います。

また来週、よろしくお願いします。

 

10番は「司令塔」ではない トップ下の役割に見る現代のサッカー戦術 (角川書店単行本)